50歳の新人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

10時半に床につき、朝の5時半前に起きる、といった生活をしています。

あんなにいろいろと悩んで生きていましたが、

今は悩むことがないです。

 

また、カピバラさん。

過去のお仕事(ケアマネジャー)について、前回の記事に追加したいことがあります。

この追加でもって、過去のお仕事についての記事は終わりにします。

 

介護保険事業者の国保連への請求内容はデータベースと書きましたが、

全て数字で管理されていて、

介護保険制度が2000年にスタートし今年で17年目ですが、過去の請求データの解析・分析がある程度終わっています。

被保険者番号、事業者番号、介護支援専門員番号など、数字で番号が振り分けられていて、

グレーなことをし続けていても、小さな事業者であれば、突っ込まれる前に廃業届を出して、逃げることができますが

介護支援専門員番号は、一登録ごとの番号ですので、廃業して逃げる、ということできません。

併設しているサービス提供事業所の儲けばかり考え、あまりに整合性のないケアプランを作成し給付管理をし続けると、チェックが入ります。自分の介護支援専門員番号が汚れることになるので、このことは、頭にいれておいたほうがいいです。(介護支援専門員番号がつけられることになって、私は考えました。こりゃ、やばいだろうと。)

廃業届を出して過去をリセットし、新しい事業者番号を手に入れて他の保険者(自治体)で、また事業を開始する、といった悪どい?やり方もあるらしいですが、マイナンバー制度もそうですが、全てが数字で管理され、紐づけされてしまうので、今はそうそう簡単にリセットできなくなっているんじゃないですかね。保険者同士で情報を共有化しているだろうし。

ある程度の年齢で定年が近いというのであれば、事業所(法人)と一連托生もいいでしょうけれど、年齢的にお若い方はそういう仕組みになっていることを頭に入れて自分の将来を考えたほうがいいと思います。

まあ、介護支援専門員(ケアマネジャー)という仕事自体が、いらないんじゃないか、って話も上がって来ていますが。

私個人は、もう全く関係ない仕事につけているので、興味がないです。知識の更新(アップデート)もしないので、
これにて、こっち関係の記事は終了。

 

 

タイトルと関係ない話が長すぎました。

まだ50歳ではないですが、40代ですというのもはばかりがある感じで微妙で。

でも、今の職場では新人さんです。

有難いことに、今はそれが許されています。

どんどん、知識と技術を貪欲に吸収し、実績を出したい。

自分の身になる仕事についていると、不満・不平・愚痴が出ないです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

今回もお忙しい中、読んで下さり、ありがとうございました。

GWに何とか、ブログ内の過去記事の整理をしー、新しいブログ(こっちはのんびり生活系)作成をしたいー。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加