将来の夢~私が結婚しない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

知りませんでした。

私は派遣社員ではなく、アウトソーシングをしている会社のフルタイムパートの人でした。どこがどう違うのかわからないのですが、3ヶ月ごとの更新じゃないみたいです。1ヶ月は試用期間でした。

まあ、切られるときは切られると。

仕事内容、思った以上に覚えるのが大変で、それでも即戦力として採用したのではなく、ポテンシャル採用(50近いのに)だったらしく、

「長い目で見て育てますので、頑張ってください。」

と(簡単に辞めんじゃねーぞ!)と釘をさされました。

他に行くところもないし、やりたいこともないので、職場環境が良好だしババアですが、頑張りますよ。(指導している方、20代だと思ったら、30過ぎていた。他人様の年齢がよくわからない。というか興味がない)

派遣会社から、そこの会社さんへの紹介だったようです。

ようですって、よくわからないまま仕事していたという。ハハハ。一応労働条件通知書は確認しましたけどね。

 

 

いろいろと面倒を見てくれた友人がー、

もしかして、結婚してしまうかもしれないので、少しずつ親離れではなく、友人離れしようと思っています。

財産目当てで寄ってくる男が多いから、私は結婚はしない!

と彼女は言い切っていましたが、クリスマスに熱海の星野リゾートにお泊りした方とどうやら、仲が進行しているようです。

何気に相手がどのくらいの資産持ちなのか探ったみたいですねえ。

(過去にいろいろあったようですよ。)

そういう関連で、編集している途中の過去記事の中に、友人からの紹介でとある男性と美術館デート?したという記事がありますが、

(自分だけラブラブなのも気が引けた?らしい)

結局、こちらからお断りしました。

自分も条件つけられるような身の上ではないのは、よくよく承知しているのですが、

この年になると、いろいろと考えます。

お金のあるなしではなく、介護の問題です。

申し訳ないのですが、さんざん介護関係の仕事をしてきたので、今更、介護をしたいと思わないのです。

ですので、高齢の親御さんがいる男性とのお付き合いはなしです。

ちなみに私も50近いので、相手の男性の介護も考えるのが嫌なので、結局のところ、

もう、この年齢まで来ますとね、ダメです。

お金があれば、いいじゃん、とかいう問題ではないです。

自分が病気になったらどうするんだ、という問題もあるのでしょうが、そもそもにして、私の年代より上の男性で自分の介護の心配はしても奥さんの介護を考える男性なぞ、数少ないと思うので、自分で何とかする方法を考えたほうが早いです。

この前、NHKのニュース深読み▽“生涯おひとりさま”社会到来!? どうなるニッポンの未来

をコーヒー飲みながら、ぼーっと見ていましたが、

結局、

男性は病気になったら不安、

女性はお金がないのが不安、

という感じで結婚されたいという感じで、

きっぱり、昔から続いている「性別の役割」でもっての結婚願望が強いんですねー。番組を見ていた視聴者の方からのご意見で、

「もう、無理やりマッチング(くっつけ)させたら、いんじゃね。」

といったものがあり、私もそう思いました。

厳しい話で、ある程度の年齢で結婚したいのであれば、条件つけている場合じゃないと思うんですが。

すいません、私は結婚願望が無いので、他人事です。

内容が同じことの繰り返しなので、途中で飽きてチャンネル変えました。

私の場合、もう更年期だし、それ以前に子宮もないので、人口増加に貢献できそうにもないですしね。せいぜい、自分の後始末が人様の迷惑にならないような方法を考えるしかない。

独身税というか、子ども保険料の支払いは拒否しません。

ただし、その分、子育てはきちんとされて欲しいです。(離婚は否定しませんし、未婚であってもお子さんを慈しむ気持ちのある愛情深い親御さんの支援はしたいです。)

国主導で、家庭作り・子供作りをしてしまうというのは、昔の「富国強兵」につながると思いますけどね。兵隊さんではなく、今度はお国に役立つ生産者(というか労働者ね)・消費者・納税者を作るための施策ですよね。

私は、もう、残り年数が少なくなっているので、後は自分の老後のことだけ考えます。(税金・社会保険料、収入は少ないけれど、払うもんは払います。NHKだって受信料、年払いで払ってますよ。よく見ているので)

 

 

明日から5連休、しっかりやることやらないとー。

将来の夢、それは、前回の記事で書いた畑作りができる環境で生活することです。

また次回にでも詳しく書きます。

記事内容が別のものになってしまいました。

ちなみに、私の場合、両親の介護はありません。家庭破綻・家族解散をしています。
父親はもう20年以上前に行方不明で失踪宣告を受けており、母親は私が上京後の離婚成立後、他の男性と結婚し、叔父叔母親戚に強く会わないようにと言われ、会っていないです。他の家庭でいいおばあちゃんになっているようで、介護をする必要がないです。父親は最悪、どこかで亡くなっている可能性が高いです。どちらも私にとっては問題のある親でしたので、一人気楽に生活できる今、結果オーライですよ。淋しいとか悲しいとか、全く思いませんねえ。(笑)

美術館デートした男性は、ご両親が亡くなっているのでちょうど良かったのですが、おぼっちゃん育ちらしく、畑仕事ができそうになかったこともあり、一緒に将来を、というわけにもいかず、お断りしました。(年齢も年齢で、恋愛を愉しむ時間はもう必要ないです。他にやることがあるので)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もお忙しい中、読んで下さり、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加