これで良かったのかと考えるのだけれど、これ以外にはないのだから、これでいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

昨日、療育関係の仕事をしている友人と久しぶりに一緒にご飯を食べて、その後友人宅に行ってお茶を頂きながら、いろいろと話をし、

夕方に、いつも連絡が来る例の金持ち友人からメールが来て、夕ご飯はそっちで食べて、泊まった。(ロシアンブルーのムギちゃんと遊んだ)

やだ、私ってば、モテモテ。

とか思ったのだけれど、あのお二人のほうが交友関係は広いです。

ハハハ・・・・。

外食って、外で食事をしながら余計な話をしていると、誰が聞いているかわからないので、今の時代は遠慮してしまう。

『34歳無職さん』で、主人公が元旦那さんとフレンチ?かな、夜景の綺麗なレストランで食事をするのだけれど、それを傍からみていたカップル二人がその回の主人公?になっていて、

深刻な様子になっている34歳無職さんとその元旦那さんの様子を、カップルはラインで会話をするのだけれど、

「なるほど~、こうやってラインを使うのかあ。これは確かに便利だなあ。他人には会話が聞えないしね。」

と思った。(スマホ持っていないので~)

 

 

ケアマネジャーの資格更新はしない、

介護・福祉業界に戻ることはない、

と、全く違う仕事をしていて、先々(というか5年~10年くらいで)は新しい道でもっとしっかりした生計を立てられるくらいになっていようと、

決心はしたのですが、

本当に、自分が考えるような感じで上手い具合に話が行くのだろうか?

とGW、気持ちが心細くなったりしました。

がー、

どうせ、あのまま、また同じ職種・業界に戻ったところで、再度鬱になる可能性が大なので、

そっちへ行ったとしても、地獄を見るだけだから、「これでいいや」となりました。

「やることはやらないとダメ」

というのは、

自由に空を飛べる鳥は、羽を降ろして地面に足をついて休めることができるから飛べるのだ、

といった考え方を私はしていて、

「自由に生きる」

といって、足元がおぼつかない、宙をさまよっている状態というのは、危険極まりない、

と私は常々思っているのです。

「やらないとならないことはきちんとやっておく」

頭に羽が生えている状態で、ついついあさってな方向に考えが行ってしまう自分自身への戒めなのです。

なんでもかんでも自由でやっていればいいということではないのです。

自分の中で、

しっかりしている実務的な自分と

夢見がちな夢想家の自分が

拮抗しあっているのですけれど、

夢想家の自分の話を「あー、ハイハイ」と話半分に聞きながら、実務家の自分がやることをコツコツやってきてくれたおかげ(仕事で実績出したり、資格取得をしていたり、地に足のついた実用的な知識・情報を得ていたり)で、

人生を破綻させずにこの年まで生きてこれたのです。

若い頃はそれがわからずに、

「なんで、こんなに自分で自分を追いつめているんだろう?面倒くさいなあ」

と思いつつも、少しでも実績が出せたり、知識・技術がものになるのは、嬉しいものなので、

しっかりしている部分の自分には今では感謝しています。

夢想家の自分は、アイデア生み出す、問題の解決で「こうしたらいいんじゃね?」とヒントを出してくれたり、こっちの自分はこっちの自分でとても大切な自分だったりします。

まあ、こんなこと考えている変人だから、この年まで一人で来て、これからも一人なんだろうなあ、

と思いますけどね。

 

 

精神が普通の人より脆いので、ストレスが溜まると普通の人以上に危ない状態になってしまう私ですが、

この年まで生きてこれたのは御の字ですねえ。

なにかある度に、「もう、やだ、〇にたい。」とすぐ思ってしまっていたのに。(〇ぬ〇ぬ詐欺ですなあ。)

 

こんなこと書いていても、

生きるって、素晴らしいのよ!楽しいじゃない!

と、変なポジティブ思考は無いですけどねえ。

 

さっきまで、ま~た、しんどくなってきて(休みが終わるからか?)、

どうしたもんかと、車谷長吉(Google検索結果)先生の『車谷長吉の人生相談 人生の救い』を読みましたら、

いつものごとく全く救いにならない(笑)お答えで、これを読み返すたびに、気持ちが清々しくなります。(笑)

んで、

『葉隠れ』の中に、

〇のうかどうしようかと思ったら、それが犬〇でも死んでしまえ

という一句があるそうですが、

まあ、そういうもんだろうなあ、実際はそうはいかないけどね、

と思いつつ、この文章書いています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

今回もお忙しい中、読んで下さり、ありがとうございました。

政治的なことを書きたくはないのですが、

憲法というのは、為政者が暴走しないように歯止めをかけるためにあるもので、国民が守るべき則ではないです。
ここの部分を皆さん、知っているのかな。
でもって、
政治の失策を国民に押し付けている感がありありで、今の政権は私は好かんです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加