いくら親が金持っていてもさ、引きこもり数十年で人生過ごすより、外で働いて地獄見てたほうがまだマシですぜ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

※注意※
暗いどーしようもない話なので、
苦手な方は読まないでください。

 

<ひきこもり>自宅を占拠し両親を奴隷化した20代長男(毎日新聞)

 

この記事についてというより、ヤフコメを見た感想。

親が金持っていて引きこもれる環境があることに関しての妬み・僻みみたいな批判と、

同じような成育環境でも他の兄弟姉妹はまともに育っているのだから、これは甘え、といった批判とか、

相変わらずのヤフコメですが、

家で一人引きこもって鬱屈して暴れるのも地獄だし、

外で子どもの頃から受けた傷を外気に晒しながら人には見せず普通の人のふりして働くのも地獄で、

どうせ、地獄を見ないとならないなら、

後者のほうが、まだマシ。

20代・30代くらいではまだまだわかりませんが、

それが50代・60代になれば、明らかに違う。

「親が金持っているから引きこもれる環境があっても羨ましいよ。」

これはー、私が30代前半までずっと思っていた感情ですがね、

だんだん年月が経っていくと、

「引きこもって40・50は、これはーキッツいわなあ。」

と思うようになりました。

 

 

偉そうに上から目線で言うなー(ちゅうか、書くなー)ってなもんでしょうが、

なんちゅうか、成育歴で傷がつくと、目に見えないハンディになるというのは、私も経験したし、『嫌われる勇気』で書いているように「トラウマなどというものは無い」とも思いませんが、

引きこもりが長期化してしまった地獄より、

外でブラック企業の社畜になったり、非正規雇用で生活保護より低い年収で生きていく地獄のほうが、

まだマシだと私は思います。

 

前回の記事の車谷長吉先生ではないですが、
どうせこの世は地獄であるならば地獄は選びましょうってなもんです。

(しょーもなっ)

 

激鬱からの回復後は、すっかり毒気抜かれてしまって、

若い頃のような、〇ぬ〇ぬ詐欺は無くなりましたけどね。恨みつらみもないです。いなくなっちゃったし。(罪悪感は凄かったですけど)

 

もうすでに遠い過去となってしまった話

 

地獄の比較というのは、人によってはまたまた批判のタネになるんですけど、

単調な極楽より、

いろんな種類がある地獄のほうが面白そうという意見もあるくらいで。
(うっ、笑えない)

 

今日の記事は、私の感想でした。

ちなみに、20代の頃、ひそかに悩んでいろんな自助グループに参加してみて、

とんでもない地獄を見てきた方々のお話を聞くことになり~、

「ひー、世の中にはとんでもねー親がいるもんだなあ。」

と思った次第で、結局、初回参加で終わりました。とさ。

(すごかった。で、社会福祉士養成通信教育スクーリングで児童養護施設で仕事している人と仲良くなり、個人的にいろんな話を聞くこととなり、閉じられた家庭の中での地獄をまたもや知ることとなった。正直、ご臨終に近い高齢者相手の仕事と全く違っていて、従事している方達には頭が下がった)

 

現政権が憲法に「家族間での助け合い」を入れ込もうとしていますが、ただ単に税金納める労働者(年貢を納める小作人・水呑百姓)人口が減ってきて、税収(年貢)が減って困っているからであって、

その上~、黒田バズーカが大失敗でー、

社会政策も経済政策もダメダメで~、

そんなの、てめえらの失策じゃねえか、

介護保険だって、最初から厳しく制限つけとけばよかったじゃねえか、

AIの政治のほうが、賄賂とか献金とかいらない分、まだまともに機能するんじゃないのお?

と思う私は、やはり、頭に羽が生えている人なのだろうか???

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

今回もお忙しい中、読んで下さり、ありがとうございました。

この記事かくだけでも1時間半かかりました。

過去記事も少しずつアップしていこうと思います。

本来のグーグルアドセンス取得がうんたらかんたらはどうなるかわかりません。

ちゅーか、新しい仕事の仕事内容をある程度覚えるまで、証券外務員1種試験受験がストップになっています。

あ”-、頭が痛い。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加