引っ越しして節約できるようになる&ランキングサイトバナーについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日はささっと5時定時で帰っていました。

夕立に遭う前に自宅アパートについて、雷の音と激しい雨音を聞きながらほっとしています。

 

今のアパートに越した時の話

 

30代半ばに、結婚をしないと、決めまして、自分で自分の生活、老後も考えないとダメだなあ、と思い、

少しでも貯金ができるよう、月々の住居費削減のため引っ越ししました。

以前住んでいたところもそれなりに相場より安かった(1DKの古いマンション)のですが、

恋人とも別れ、生活をダウンシフトするにあたって、生活感が合わなくなってきた方達とフェードアウトして、人間関係も整理しようとした時で、引っ越しはちょうど良かったです。

フェードアウトした友人達というのは、皆さん、結婚され、仕事を辞めて専業主婦になられたり、子どもさんが産まれ、育児に忙しくなってきたり、時間と話が合わなくなってきました。

20代は自宅でホームパーティーなどして、皆さんと楽しんだりしましたが、なんとなく、もうそういうこともしなくてもいいかなあ、と思うようになってきて、

仕事も忙しくなってきた、というのもあります。

今のボロアパートは不動産屋さんのお兄ちゃん押しです。

当時、まだバブル?の感覚を引きずっている年配の大家さん達に相当イジメられていたらしく、

景気のよい時に、建てられた安普請の住みにくいアパート
(外見は良いけれど、「ロフトついていても11㎡で8万円なんて、今時誰も借りませんよ。こんなところとか、こんなところとか。」と、今のボロアパートを借りるよう誘導させるためか、それとも、そんな変な案件でも借りるヤツ見つけろ!というプレッシャーの愚痴を言いたかったのか、

私に、住みづらい変な物件アパートの写真ばかり見せていました。

でー、

「ボロですが、地下鉄で通勤しやすいし、安いし、大家さんがすっごくいい人ですよ~。」

と薦めてきたのが、今のボロアパートです。

(家賃なりのボロさですが、確かに大家さんがいい方です。しょっちゅうアパート周りの掃除や草取りしていますよ。私は南向きの部屋を借りましたが、妙に住みやすいです。だから、越せない。笑)

 

住居費が安いので、その分貯金してました。

 

引っ越しした当時、お給料がそれなりに貰えていまして、貯金してました毎月、数万~10数万。

引っ越しする前は、お付き合いもあり、人と会話をする時にそれなりの見栄もあったので、貯金より使うことばかりしていました。

それと、お茶(表千家不白流です)を習っていたこともあり、そこでお金が飛んでいきましたね。休みのたびに、先生のお手伝いもしていましたが、

仕事が忙しくなってきたことを理由を退会しました。

その分の費用を、全て貯金に回せるようになったんですねー。

 

そして、リーマンショック。株を買いました。

 

お茶を習っていた時に、年上の女性と仲良くなりました。その方がお金持ちというかなんか凄い人で、結婚せず、お父様が亡くなれた後、お母様と二人で暮らしていまして、
遊びに行ったら、何故かそのお母さまに気に入られてしまい、友人となったその女性に、しょっちゅう「母が会いたがっているから、遊びに来て。」と言われ、遊びに行きました。
ちょうど、引っ越しして友人の家に近くなったのです。

上品な奥様だったのですが、認知症を患うことになり、どんどん症状が進んでいきました。

気丈な友人も、今までとは違う母親の姿を見てショックを受けていたようで、私はちょうどケアマネの仕事もしていたしで、

友人のお母さまの通院介助など、手伝うようになりました。(当時は支援センターで、土曜は交代出勤していまして、その時平日休みとなるのです)

まあ、そんな縁もあり、最初は「きつくて性格が合わない」と思っていた友人が、意外にさっぱりしていて、物事を常識的に考える人でないというのもあり、話が面白くて、どんどん仲良くなりました。

でー、この女性に、

「貯金があるならー、今、株を買いなさい!」

とリーマンショックの時、教わったのです。

 

激鬱になり、仕事を辞め、引きこもる。

 

現場から、本社の本部付けで仕事をすることになりました。

お給料は上がったのですが、その分責任も半端なく重たくなりましてー、

で、毎年のように、どんどん削減される介護保険制度の理不尽さと不条理さに嫌気もさし、
とどめは、法人がサービス付高齢者住宅を立ち上げることになり、そこに外部サービスとして居宅介護支援事業所と訪問介護事業所を立ち上げたのですが、

介護保険サービス上で、グレーなことをやれ、と上層部のオヤジにプレッシャーかけられ、
鬱になりました。

土建屋、失礼、建設業から転職してきた偉いさんでしたが、私は大っきらいでした。

参照~守るものがあれば罪を犯さないのか

まあ、この人だけが原因でもなかったので、辞めるきっかけとなり良かったのかもしれないと、
今は感謝していますけどね。

逃げるように退職しましたし、

退職金はないに等しい雀の涙で、笑、しばらくは傷病手当金を貰いましたけれど、

本当に、今後どうなるかわかりませんでした。

その時、貯金が目減りしましたね。

 

そうして、今、節約が習慣になっている。

 

4月から、フルタイムパートさんの仕事も決まり、

まあ、なんとかかんとかやっています。

時給は内緒ですが、一人で暮らせないことはない金額です。

若い頃、お金をある程度は使っていた生活をしてきたこともあり、

今は、物欲がそれほどないです。

たまに、美味しいものが食べられればいいくらい。

それと、この前は結局「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観に行くことができませんでしたが、たまに面白い映画を映画館で観られたら良いです。

あと、美術館とか博物館かなあ。

人混みは疲れるので、行かなくなりましたけれど。

年を取ってきて、身寄りもないと、賃貸物件には住めなくなるんじゃないか、ということもありますが、

それなら、それなりで、キャッシュで買えるよう貯金しておけばよい話です。

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もお忙しい中、読んで下さり、ありがとうございました。

 

追記

ブログ村と人気ブログランキングのバナーを別窓・別タブで開く方法

ブログ村

見づらくてすいません、下に 新規ウィンドウ(別窓)用ソース
があり、そこにチェックいれると、下のほうで別窓・別タブで開けるバナーが作成されます。

人気ブログランキング

バナーをクリックをしますと、別窓が開いて、別ウインドウで開く
をクリックします。上のテキストにtarget=””_blank””>がついてきますので、このテキストをコピーして使えば、別窓・別タブ用のバナーが作成できます。

 

文章がわかりづらくて、申し訳ないです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加