自律神経を整えるために朝は起きる。昔見た、東京の夜明けの景色。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、1800文字ですよ~。

 

私は血圧が低い。朝は上が80mmgないです。

加えて、最近、仕事が上手く行かないストレスも出てきて、

朝起きるのが辛くなってきました。

これは、私にとって危険信号です。

 

 

 

今日は、心療内科の通院日でした。

サインバルタ20mmg1錠を2錠に増やしたことを話し、

先生に、

「最近、朝起きるのが辛いのですが、私だけではなく、そういう方は多いと思います。皆さんどのようにして起きていらっしゃるんですかね?」

と何気なく聞いてみたら、

「うーーん、私の場合は、夜お酒を飲んでしまうんで、どうしても、朝辛いんですよ。毎朝、“今日は起きられるかな?仕事できるかな?”と戦っています。で、起きて、水を飲んで1時間くらいすると、体が動き出しますねえ。」

と答え、

(それはー、お酒を飲まなければいい話では?)

と思いつつ、続いて先生が、

「私は、お酒を飲む自分でもいいや、って思っているんで」

みたいな話をされたので、

(ふ~ん)と思いました。(笑)

そういやあ、以前は早めに起きて、朝食をドトールやマックで取って、朝勉(お勉強です)や読書をしていたことを思い出し、

(あの朝活に戻すか~)と思い、その話を先生にしたら、嬉しそうに、

「そうです。皆さん、そんな感じで朝起きてますよ。」

と言われました。

で、その先生ですが、

以前記事にした例のこの先生で、一応(失礼)、東大医学部を出て開業されています。(画像はぱくたそさんです)

受付で支払いを済ませ、帰り道、

「日本で最高学部の東大医学部を出ていても、毎晩お酒を飲んで、朝辛いな~と起きて、仕事しているんだなあー」

と思ったら、なんというか、『わかっちゃいるけど、やめられない』ってなもんで、そうやって、みんな、自分を騙しだまししながら、生きているんだなーと思いました。(非難しているわけではなく、人間臭くていいいなあと
単純に思いました。)

私は始業時刻30分前には自分のデスクについています。これは、仕事をするためではなく、神経質なので、人が出勤してわやわやしているところに入っていくのが苦痛で、人より早めにデスクに座っていたいというだけの話です。(本来であれば、労働時間とか考えるとダメなことなんでしょうけれど。PCの電源オンオフで仕事の時間を管理されているわけではないところなので、逆にそれが有り難いです。)

30分早めについて、何をしているかというと、PC電源を入れ、自分で入れてきたコーヒー飲みながら、仕事資料を開いて、ぼーっとしています。

このぼーっとしている時間が大事です。

逆算すると、6時くらいに起きるのがベストです。勉強しようと思ったら、5時半かなあ。

資格取得とか目的があれば、起きますけどね。(3時起きはやり過ぎだった。)

夏至が終わったので、今度は少しずつ昼の時間が少なくなってきますねー。

 

 

若い頃、なかなか眠れず、ずっと起きていた時期があって(当時は若いので体力がありそのまま仕事に行っていました)、

ある時、どうせ眠れないのだから、ずっと起きていて、

始発の山手線に乗って、東京の夜明けを見てやろうと思いました。

(5時台で朝焼けが見られる時期でしたので、夏ではなかったですね。確か、寒かった)

で、新宿から山手線を外回りで一周しました。

家を出た時は、まだ、真っ暗で星も見えていました。(都会なので見える星の数は限られていた)

山手線の外回りに乗って、車窓から見える風景を見ました。

闇から光が少しずつ生まれてくる景色は私の文章では表現できないほど綺麗でした。

夜明け前が一番暗い、というのはまさにその通りで、

少しずつ東の空が白み始めるのですけれど、一時、また日の光が弱まる時があり、闇が黒みがかった藍色になります。

で、そこから、また少しずつ、日の光が差し込みはじめ、東の空が赤く燃え上がってきます。その時、街並みはまだ影になっています。

そうして、朝日はまず空を赤く染め、そこから少しずつ少しずつ、光を放っていきます。

朝の日の光が街に差し込むと、影になっていた街並みに色が産まれていきます。

その様子を電車の車窓からぼーっと眺め、

「色は光から生まれるんだなあ」

としみじみ思いました。

街に色が産まれてくると、今度は人の活動する音が聴こえてきます。(音が聴こえるというより、人が活動する様子が車窓から見えてきて、そこから音が聴こえてくるようなイメージ。)

谷川俊太郎の詩、朝のリレー、を思い出したりして。

朝は、誰のもとにも、平等にやってくる、

と当たり前のことを思いました。とさ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回も、お忙しい中、読んで下さり、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加