ぱくたそさんのとこのたけべともこさんというモデルさんです。

記事に関係がないです。(すいません)

涼しそうだなあ、と思いまして。(そうかあ???笑)

 

9月1日にツネちゃんのライブ(2017年9月1日「ピンのピン」 場所:スタジオ中野シェイプレス 開演:19時 料金:500円 きぐるいツネちゃんツイッター)があるのですが、時間に間に合わず行くことができません。残念です。(そのまま動画は自重しました。ごめんなさい。明智さん。)

 

なんか変だなあと思っていたら、軽躁気味になりかけ。笑。

 

うおー、やることがいっぱいあるぞー!!!

とテンション上がっていたところ、

えっらく、人様に対して批判的な見方をするようになっていました。

(例えば、「24時間テレビ」を見ていて、「ダンスばっかりやっていて、社会生活で必要な基礎知識を知らないまま大人になると、ダンスで食えなかったら、目も当てられないぞ!シングルマザーでお母さんが苦労しているのわかるが、学歴で何とかなるとも思わないが、勉強が嫌いだからといって逃げに走るんじゃないぞ!その後、酷い目に遭っている多くの大人達を見てきたからな!」とか)

余計なお世話だー。

(と思いつつ、他に道をいくつか作っておけばいいのに、とオバサンは思ったりする。)

木金の夜、最近の私なんか変だな、と自分で薄々気づいたので、少しネットを離れて、ゆっくりお風呂に入って、部屋でアロマ炊いて、バッハのゴルトベルグ変奏曲流して、軽くヨガストレッチをして、図書館から借りてきた水族館と植物の図鑑を眺めたりしていました。

浮世から距離を置くと、すこーし気持ちが変わる。

優雅な生活。(なのか?)

17平米ボロアパートの住人でも、心は錦ってなもんです。

躁の次に地獄の鬱が来るのはわかっているので、自分でストップかけないと。
(軽躁が楽しいのは若い時分だけだよー。だんだんわかってくるから、あー、upすると次downねえ。振幅の幅は小さくないと。それでも私はまだよい。気分を平坦にする薬を飲まずにすんでいるから。)

この土日、NPO法人 東京高円寺阿波おどり振興協会があり、(東京の阿波踊りというと高円寺が有名です。)友人とその友人のお二人に誘われたのですが、調子が悪くて断りました。今年は雨が振らずにすんで良かったです。毎年のように雨が降っていたので。

言動注意になるんで、もう少し、気分が落ちてからねえ(笑)、と話したら、私の状態をよーっく知っている友人は了解でした。

まあ、こういうのがあるから、一人暮らしのほうがいいかもねえ。家族がいたら、逆にしんどい。というのが本音です。特に女だとねえ。なんだろ、男の人だと「無言」でも許されるけれど、女の人だと「無言」は許されないのではないか?と思ってしまう。家庭を明るくするのはお母さんの役目、とかステレオタイプに洗脳されているんだろうなあ。

 

楽天で、エッセンシャルオイルのお試しがお安く購入できました。5ml6本入りで、送料込み1,000円。

 

100%ピュアエッセンシャルオイルって書いていますが、お安いのでどんな香りなのかちょっと不信になっていたりして。
オレンジとレモン(無印良品)はあるので、

ベルガモットカラブリアン
真正ラベンダー
ティートリー
パルマローザ
スペアミント
シダーウッドバージニアン

の6つです。(元気なくて、写真撮っていません。すいません。試したら記事にしますよ~。)

 

今日の夜、やーっと、美容院に行って来て髪を切りました。(ショートボブです)

4ヶ月ぶり。

美容師さんはいつも決まっている方です。

3歳と1歳の娘さんがいるお父さんです。

で、いつも話している美容師さんなので、何気に、

「〇〇さんは今一番何が欲しいですか?」

と聞いてみました。「よく、男の人だとでっかい時計とか欲しがる人いますよねえ。」と話を続けてみたら、

「・・・、うーん、本当に欲しいのは家なんですけどねえ。でも、本当は東京じゃなくて、田舎に帰りたいし・・・。」

という話です。田舎の風景が好きな者同士で(美容師さんは山陰出身)、その話で今まで盛り上がってしてきたので、(なるほどなあ)と思いました。

「相談に乗ってくれる方もいるんですけど、自分が希望する家だと東京で4000万くらいなんですよねえ。」

4,000万というと・・・、と頭の中でいろいろとシュミレーションはしてみましたが、美容師さんが住みたいのは東京じゃなくて、本当は田舎なんだろうなあ、と思いました。

これ以上詳しい話はここでは書けないので割愛しますが、

やっぱり、人それぞれ事情があって、みんな、生きているんだなあ、と思いました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

なんだか、ホント、冴えないなあ~。

でも、ボチボチやって行こう。

読んで下さり、ありがとうございました。