photo AC  えたばりゅさん からお借りしました。

 

夏真っ盛りですね。これから夏季休暇に入る方、繁忙期で仕事が忙しい方、お子さんの夏休みでてんやわんやの方、いろいろあると思いますー。(今日は涼しかった。)
私は、気忙しいだけで、思ったように前に進まない状態にいます。(コツコツやって行くしか無いんですけどね)

 

吉田モーモーの日記はワードプレスで作成しています。

 

 

それは、見ればわかるよ。
という方もいらっしゃると思いますが、
プラグインという設定をして、いろいろといじくるのですが、超ド初心者なので、わからないで適当にやっているんですね。
目次設定したくて、
TOC(table of contents plus)をプラグイン有効化・設定もしたのですが、どうやったら、投稿ページに表示されるの???という状態に今、止まっています。

何とか使えるようにしますけれど。(ええ、しますとも)

もう一つの新しいブログも独自ドメインを取得して、作成しました。

 

もう一つの新しいブログ「17㎡の幸せ」

 

 

吉田モーモーの日記女子部 です。思いっきり自分の趣味ブログにしています。

 

着回しアプリXZ

という洋服を着せ替え人形みたいにコーディネートできるおしゃれなアプリがあり、アンドロイド版でインストールさせてまして、手持ちの洋服と合わせて、投稿作成しようかと検討しています。

 

やっぱり、「証券外務員1種」資格取得をしないとなりません。

 

某金融関係の企業にアウトソーシングで入っている会社さんでパートをしているという話を以前記事にしましたが、
火曜に本社で面接がありました。

結論、
待遇が良くなりました。(お時給upです。喜)
が、
それでもって仕事内容ももっと高度なものとなりました。(悲)

 

仕方のないことですが、やっている仕事内容が自分の興味のあることですので、泣き言を言っていられません。
(以前、愚痴を書きましたが、愚痴ってもいられないです。すいません、激鬱で辞めてしまった介護業界の仕事は半ば嫌々ながらやっていたので、それを考えたら、今、愚痴など言っていたら罰があたる。)

嫌だった理由・激鬱になってしまった理由です。

 

面接時(面接した方は私より年下の男性です。ノリが軽い。でも怖い)に、

「吉田さん、証券外務員の資格取りましたか?」

といきなり聞かれてしまい、

(あれ?どうして、この人、証券外務員試験の勉強していたこと知っているんだろう?)と思いました。

採用面接の時、保持資格については確認されましたけれど、証券外務員は持っていないし、話もしていないのに、
と思ったら、あー、ウオーターフロントの奥様(以前、お茶した)だー、と気づきました。

パートの先輩で、お茶をした時に、「資格取得の勉強していたけれど、今の業務には関係ないので、勉強やめます~」と話をチラッとしたのですが、それがちゃっかり上のほうまで行っていたようです。

「取っちゃって下さい!吉田さんなら行けますよ!!!」

と、また例のごとくおだてられました。資格手当が発生するわけでもなさそうですけどね。

証券外務員ですが、2種なら合格できる自信はあります。2種の模擬試験では合格範囲内の点数取れていたので。

問題は、1種なのです。

日本FP協会でAFPの認定研修を受ける前に(金財でFP2級はすでに取得済み)に、取っておきたい(勉強しておきたいなあ)とは思っていたのです。

勉強再開し取ってしまいます。ここでこう書いておけば、逃げられなくなる。

 

よく、資格なんて取ってもそれが仕事になるわけでもないでしょ。資格マニアなだけじゃん。と思う方・仰る方がいらっしゃいますが、

私もその通りだと思います。

私が資格取得の勉強をするのは、直接仕事や就職に役立てるためではなく、

あくまで、知識を吸収するため!です。

ベースになる基礎知識は、今の世の中の多種多様な情報を読みこなす力になるので、そう馬鹿にしたものでもないですよ。

「それって何の役に立つの?」「時間が無駄じゃね?」と簡単に言ってくる方がいますが、私の趣味なので、余計なお世話です。(笑)趣味に時間とお金をかけるじゃないですか、それと一緒ですよ。

このブログの体裁が落ち着いてきたら、私の資格取得時の勉強方法とか記事にできたらなあと思います。

 

次回こそ、HSP(Highly sensitive person)について記事にします。

 

 

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。(amazon本)

2000年12月初版発行された本です。(今はSB文庫で文庫版で出ているみたいですね。)

私が購入したのは第6刷発行の2002年8月版です。

当時30代前半でした。

いろーんな心理的・精神的問題を抱えていました。何とかしたくて、いろんな本を読み、カウンセリングを受けたりもしましたが、

この本が私にとっては一番役にたちました。解決策を提案してくれた本です。

読み直しをして、記事にしたいと思います。

自分自身が自分の親になり、自分を育て直そう、と思ったきっかけになった本です。

(結婚を考えてくれた男性がいても、結婚どころではなかったのはこのためです。今独り身でも全く後悔していないですね。今はとても、自由に気楽に生きていられます。・・・・貧乏ですが。笑)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

今回も、お忙しい中、お読み頂き、ありがとうございました。

トップページ(固定ページ)の設定の問題あり。(何とかします。泣)カレンダー表示も。(汗)