結局結婚しませんでした。五十路でのんびり一人暮らし。

吉田モーモーの日記

未分類

タロットカード『愚者』新しい時代の自由な改革者か、はたまた、非常識で分別知らずの馬鹿者か。

更新日:

 

タロット解釈実践事典

 

小学生の頃から、占いにハマっていました。

東洋占星術は四柱推命と算命学、易学を好み、

西洋占星術はホロスコープ作成を手書きで作成していましたよ。

ただ、あっちの世界は「陰の世界」で、外に出してはタブーな世界だとずっと思っていましたし、私自身が、地に足のついた考え方ができない人間だったので、

だからこそ、地に足のついた実務的な仕事をすることを選びました。

(措置時代から介護業界で仕事をしてきましたが、四半世紀を経て、今は全くちがう業界で仕事をしております。激鬱にもなったので、回復後の現在は、某金融関係の法務部で契約社員をしております。)

 

占いは、趣味です。

でもって、今のところは、まだまだ、現実世界で実務的に生きていきます。

 

人生に一区切りがついて、久しぶりに引いたカードが『愚者』でした。

 

タロットカード愚者


タロット解釈実践事典~大宇宙の神秘と小宇宙の密儀
 井上教子(amazon本)

によりますと、

 

 描かれているのは風変わりな着物を纏った青年が、手荷物ひとつで意気揚々と旅立つような光景です。
カードに描かれていた若者は、いかにも自由気まま、風来坊と言った感じです。型にはまらない、風変わり、固定観念・既成概念に捕らわれない、奇想天外さなどを表します。

 

若者が旅を始める。

『愚者』と名付けられたこのカード、タロットカードの一番最初のカードです。

つけられた番号も『0』です。

まさに、無から出発です。

全てはここから始まります。

意気揚々の『出発』のカードでもあります。

しかし、

 

しかしながら、佇んでいるのは崖っぷちーあと一歩踏み出せば転落しようと言うところ。
足元にいる白い犬が印象的です。まるで、この若者に目前の危機を教えようとしているかのようではありませんか。

大きなリスクが目の前にある、ということです。

しかし、この大きなリスクを冒さなければ、大きなチャンスも得られないのです。

チャンスを得るため、若者はいつも、旅に出ます。

きっと、彼の地元に残された人々は、彼の行動を「馬鹿なヤツだ。」と笑っていることでしょう。

 

・・・・、なるほど~、このカードが出てしまったかー。
あー、あー。

 

五十路でこのカードは無いぜ!!!

 

頭を抱える女

 

タロットカードをご存知ではない方は、あまりピンとこないかもしれませんが、

このカード、

一番最初のカードで、トランプの『ジョーカー』の原型とも言われています。

 

このカードが象徴する事柄は、まさに「無=未知」。

 

占者によっては、このカード、一番最強のカードとして、喜んだりします。(状況によっては、ですが)

何せ、『ジョーカー』ですから。

何も持たない者が強い。

カイジの映画の、人生逆転ゲームのEカード、皇帝より何も持たない奴隷が強い、例えて言うならあんな感じ。

がー、

五十路のオバちゃんが、新しい人生の門出で、こんなカードを引いたら、

ちょっと、

というか、

 

かーなーり、ショーック

 

 

「冒険?」もうそんな年じゃねえんだよ、こちとら、もう落ち着きたい!!!

 

ハイ、すいません。(もう、若かないんでねえ)

 

20歳で身一つで家を出た時、まさにこんな状態でした。

何も無くても、心に「野望(無謀ともいう。笑)」を持っており、

「まあ、何とかなるさ!」と、若さゆえの無知さで、誰も頼る人のいない東京砂漠で働き始めたのです。(寮付きのところ)

まさに、『愚者』という名の若者だったのです。

 

『愚者』はいつの世でも、強い者です。

何も知らない、何にも染まっていないということは、本当は一番強いことなのですよ。

試しに、検索かけてみたら、やたら、肯定的な面ばかり強調している記事が出てきたりします。

 

自由な精神を持つ改革者的な・・・・

 

占い師って、こういうカードが好きだったりするので。

私も若い時分はこのカードが一番好きでした。

何もないところから、一から始める。

カッコイイ。

 

 

このカードの逆の意味、「安定」だったりする。

 

立つ給料袋

 

いや、給料袋の厚さを意味しているのではなく、

 

安定した生活 

 

っていいなあ、と思ったため、ぱくたそさんとこのこの画像を使いました。

安定ですよ。

安定。

アハハハハ。(なんで、笑っているんだろ?)

余談ですが、

タロットカード、正位置逆位置って、そのシチュエーションによって変わってくると思うので、慣れている人は、カードの向きではなくて、相談者の話・その心理・状況と他に出ているカードで読み取っていると思います。

ので、正位置逆位置に囚われているうちは、お金取って占い師名乗ってちゃ駄目だろ、と思います。

 

この逆位置、

フリーターが安定した職につく、とか、使われますけれど。

でもねえ、

 

今の時代、

今の日本、

今の社会、

安定した生活って

なんじゃあ?

 

って、なっちゃいますけどねえ。

 

 

ま、いっか、新しい門出ということで。今度(?)は落ちないように気をつけようーっと。

 

 

吠え立てる、あるいは足に噛みつく白い犬によって、転落を免れる可能性もあります。

 

その白い犬が、何になるのか、

タロットカードの絵柄は、【象徴】です。

人によって、転落を免れる、危険を回避することができる、ための、【何か】は違ってくると思います。

私の場合は、何かなあ、

と思いつつ、

新しい道を歩んで行こうと思います。

 

なんでも、物事には良い面悪い面があるもんなので、良いように解釈しちゃえばいいということです。

悪いカードを引いても(悪い出来事が起こっても)、

裏読みして、

次のターンで、損失を取り戻せば良いのですよー。

リスク取らないと、リターンは得られず。

ただし、ハイリスクがハイリターンになるわけでもないので、

普通の人は、まず、

ローリスク・ローリターンを着実に積み上げていくほうがいいと思います。

私は凡人なんで、

そっちを取りますわ。

 

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

お読み頂き、ありがとうございました。

 

※すいません、過去記事は非表示にしております。

このブログ、ちょっと、いろいろと調整中です。

下のSNSボタンもまだ稼働しておりません。

 

 

 

-未分類

Copyright© 吉田モーモーの日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.